少額短期保険とは

  • Q
    少額短期保険ってなんですか?
    A 2006年4月の保険業法改正に伴って生まれた、新しいタイプの保険です。最近ではミニ保険とも呼ばれ、『少額(1千万円まで)』かつ『短期(2年以内)』の保険商品であることから少額短期保険と呼ばれています。
  • Q
    少額短期保険を契約するメリットってなんですか?
    A 少額かつ短期の商品であることから、これまでの一般的な保険商品では対応が難しかった、特定のマーケットにフォーカスした商品を提供しやすい特性があります。そのため、特化したニーズを持つお客さまによりフィットした補償と安心をお届けすることができます。
  • Q
    少額短期保険は普通の保険と何が違うのでしょうか?
    A 少額短期保険会社では、下表のとおり補償を受けられる方1人あたりで引受けられる保険金額が1,000万円までと決められています。
    (複数契約合算で、原則として以下の区分ごとに上限が設定されています)

    (1) 死亡保険金(下記(5)を除く) ―――――――――――――― 300万円
    (2) 医療保険等第三分野の保険(下記(3)・(4)・(5)を除く)― 80万円
    (3) 疾病等を原因とする重度障害保険 ―――――――――――――― 300万円
    (4) 傷害を原因とする重度障害保険 ――――――――――――――― 600万円
    (5) 傷害死亡保険 ―――――――――――――――――――――― 600万円(傷害死亡のみの保険-300万円)
    (6) 損害保険 ―――――――――――――――――――――――― 1,000万円
  • Q
    少額短期保険についてもう少し詳しく知りたいです。
    A 少額短期保険には、生命保険会社や損害保険保険会社とは違った以下のような特徴もあります。
    1) 1人のご契約者につき、契約いただける保険金額の合計額は10億円が限度となります。
    2) 事故が多発する等で、継続時の対応では収支の改善が見込めないときは、保険期間中に保険料を増額、または保険金額を減額することがあります。
    3) 事故が多発するなどで、商品に関する基礎的な計算に重大な影響を及ぼす場合には、保険金等を削減してお支払いすることがあります。
    4) 継続契約において、当社の事業収支を検証した結果、当社が必要と認めたときは、これまで契約されていた保険料や保険金額を変更することがあります。
    5) 継続契約において、当社の事業収支を検証した結果、保険契約の引受が困難となった場合、当社は継続を行わない場合があります。
    6) 保険契約者を保護する機構はありません。
SOC-1939(0)